ポワロが過去の事件に挑む!:アガサ・クリスティー『五匹の子豚』【ネタバレなし】

五匹の子豚 Christie 書評

アガサ・クリスティーの『五匹の子豚』を読みました。

名探偵ポワロが16年前の事件に関係者からの証言だけで挑むミステリーです。

アガサ・クリスティーの名作を読んだ

アガサ・クリスティの『五匹の子豚』を読み終わりました。

この作品は『オリエント急行の殺人』や『そして誰もいなくなった』、『アクロイド殺し』に比べると地味な作品ですが、クリスティの解説本で最高点で評価されていたので読んでみました。

過去には毎月連載しているコラボ書評でクリスティーの『春にして君を離れ』の書評を書いたこともあります。

『五匹の子豚』のあらすじ

この作品のあらすじはこちら。

16年前、高名な画家だった父を毒殺した容疑で裁判にかけられ、獄中で亡くなった母。でも母は無実だったのです……娘の依頼に心を動かされたポアロは、事件の再調査に着手する。当時の関係者の証言を丹念に集める調査の末に、ポアロが探り当てる事件の真相とは? 過去の殺人をテーマにした代表作を最新訳で贈る! 五匹の子豚 | 種類,クリスティー文庫 | ハヤカワ・オンライン

ぼくの場合、特に翻訳もののミステリーだと「この人だれだっけ?」となりがちですが、本書は登場人物が限られているので問題なく読み進めることができました。

この本を読んでの感想

この本を読むことを決めたのは名探偵ポワロが16年前の事件を調べるというだけでも面白そうなストーリーだな、と感じたからです。

16年も前の事件で裁判も終わっているので新たな物証はなく、関係者への聞き取りだけで事件を再構築していきます。

関係者に順番に話を聞いていく形なので派手な展開はなし。

それでもこの本すごく面白いんですよね。

まず、一人ひとり加害者とされている依頼者の母親への見方、事件当時目撃したものが違います。

そしてポワロへの接し方一つとってもそれぞれ異なり、性格が出ています。

当然のことながらいまの時代とは慣習も感性も違うので(国も!)そういった意味でも楽しみことができます。とはいえ仕上がりが古くさいということは一切ありません。

関係者それぞれで事件の見方が違うと言えば芥川龍之介が「藪の中」を思い浮かびますね。

まとめ

この本は犯人候補が少ないので「えっ!」という意外性は高くないのかもしれません。

しかし、読みおわり解説に目を通すと再読したくなること間違いなし。

さすがミステリー界の巨匠クリスティーの筆の冴えを存分に味わうことができます。すごくおすすめです。

今回紹介した本