なにかを好きになるのはいつからでも始められる。「好き」の臨界点を突破せよ。

好きなものは経験値 考えたこと

年を取ってから理解できるものってありますよね。

若いころによさがわからなくても、ある日突然理解できたりするので不思議です。

その理由は「経験値」にあって、その経験値はいつからでも始められるという話です。

これに対して、ずっと年を重ねたから魅力を理解できるようになったと思っていました。

今日ふと思ったのは、年齢ではなく「経験値」ではないかと。

年齢を重ねたからではなく、経験値がたまったからわかるようになるのではないかと思うのです。

ものごとを楽しむのにも「臨界点」があって、その地点を突破するのではないでしょうか。

年が若ければ情熱を注いで、あっという間に好きの「臨界点」を超えることもできるでしょう。

でも、それは年を取って楽しみがなくなるということではなく、自分なりのペースで物事を楽しむ選択肢が増えたということだと理解しています。

まとめ

結論としては、物事を楽しむため、好きになるには「好き」の臨界点を突破する必要があって、それはいつからでも始められるということですね。

今後の人生で、これまでの人生を超える「好き」なものに出会えるかもしれないので、今後が楽しみです。