いろいろな音楽を聴く気分になるときとならない時

考えたこと

好きなアーティストのアルバムばかりを集中して聴く時期があります。

好きなアーティストばかり聴く

音楽を聴くのが趣味のブロガー、つぶあんです。

ここしばらく自分の好きなアーティストばかり聴いていました。

たとえばビートルズ、オアシス、レッド・ツェッペリン、ピンク・フロイドなど。

デヴィッド・ボウイやローリング・ストーンズも好きなんですが、こういう時はそれほど聴きたい気持ちが出てこないのが不思議なところ。

メンタルが弱っている時は自分の好きな音楽ばかり聴く傾向がある、というのがぼくの傾向ですね。

ある種自衛作用なのかもしれません。

どういうわけか睡眠が浅い日があったので、そういうのもストレス面で生活に影響があったのかもしれませんね。

別に好きなアーティストばかり聴いてもかまわないし、そういう音楽との向き合い方をしている人もたくさんいるでしょう。

ぼくは好きなアーティストのルーツや影響を受けた、与えたアーティストも合わせて聴きたいタイプなんです。

だから、ひとつのパターンにハマるのではなく、どんどんチャレンジして新しい発見をしていきたいと思っているんです。

ここ数日くらいようやくSpotifyでも知ってはいたけど聴いたことがなかった音楽を試すようになってきました。

気になるジャンルのプレイリストをかけて気になる人を見つけたらアルバムを聴いてみたり。

まとめ

もちろん冒頭にあげたアーティストはこれからも大好きですし、聴き続けます。

でも、せっかく趣味で音楽を楽しんでいるんだからいろいろ聴いてみたいと思っています。

世界中に聴いたことがない素晴らしい音楽がありますからね。

サブスク時代以前の音楽の思い出 | つぶログ書店

あわせて読みたい(スポンサーリンク)