毎回記録を取ると運動のペースをコントロールできるようになっていい感じ

健康

運動が習慣化できつつあり、体を動かすのが楽しくなってきました。

体を動かすたびに記録を取ることで自分の運動をコントロールしやすくなります。

運動が習慣化できつつあっていい感じ

ここ4、5、6月と休みの日にウォーキングをしています。

少しずつ成果も出ていて、体力がついています。

以前だったら少し出かけただけで疲れていました。

最近はウォーキングして帰っても疲れて参る、ということはありません。

昨日は時間があったので距離の自己記録を更新しようと意気込んで出発しました。

結果としては7.4キロ歩くことができました。

これまでの記録が6キロだったので、1キロ以上更新できました。

実は歩き始め当初は体が重く、4キロくらいでやめようと感じました。

しかし、歩いているうちにだんだん調子が良くなってきたので歩き切ることができました。

ペース的にもいい感じでした。

時間的に長く、HeartWatchでの運動の分析でも普段はなかなか達しない「脂肪燃焼」のゾーンに入っていることがわかります。

反対に今日は3キロ。

ペースも前日よりはゆっくり目で。

今日は昨日長く歩いたので疲れを取る軽めにする計画でした。

ペース的にもゆっくりした感じで。

記録すると計画が立てやすい

前は長い距離やウォーキングの頻度など計画もなく、時間がある時、体力に余裕がある時出かける感じ。

今はある程度歩けるようになったので、今日はこのくらいのペースで、この距離で、とその時々に合わせてアレンジができるようになりました。

5月はウォーキングごとに距離をメモしていたので今月の目標を決めることができます。

あのトータル距離で、この成果、体調なのでもっと上げたかったらこれくらいに目標を設定すればいい、というのがわかりました。

これは自分の中で大きなことでした。

ウォーキング、ジョギングなどを記録する専門のアプリもありますが、運動時にはApple Watchのワークアウト。

そして記録にはリズムケアアプリに距離を記録しています。

Apple Watchは心拍数も記録できるのでとても便利です。

昔運動の本を読んだら心拍数をコントロールすることが大切と書いてありました。

こちらはApple Watchをつけている限り自動的に記録されますが、ペースを決めるときに参考になります。

となりの人と話せるペースで、というのもわからなくはないですが数値で見たほうがわかりやすいですからね。

前にとにかく最速のペースでと思って歩いたときにはペースを上げすぎてしんどかったので自分の体と相談しながらというのが大切ですね。

専門のアプリを入れるにはもうちょっと先でいいかな、という感じです。

それくらいApple Watchのワークアウトを気に入っているんですね。

フィットネス
無料
(2021.06.08時点)
posted with ポチレバ

上のスクショはワークアウトアプリで記録したものです。

まとめ

今後は筋トレも定着させたいですが、ひとまずウォーキングが楽しくなり運動をやりたいという気持ちが出てきたのが良い点です。

ダイエットにも効果的ですが、なにより気分がいいし楽しいですね。

これからも記録を活用しながら運動を続けたいです。

5月はApple Watchの1か月を通して全アクティビティ達成できた! | つぶログ書店

おすすめの本

あわせて読みたい(スポンサーリンク)