エルトン・ジョンにハマっていろいろアルバムを聴いています。

音楽

最近よくエルトン・ジョンを聴いています。

エルトン・ジョンにハマっています。

最近エルトン・ジョンをよく聴くようになりました。

映画「ロケットマン」の影響ではなく、偶然耳に入ったからです。

これまでエルトンといえば「Your Song」ぐらいしか知らなかったこともあり、バラードシンガーというイメージを持っていました。

ところがSpotifyでたまたま曲を聴き、アルバムを聴いてみてただのシンガーソングライターではなく激しい曲もバラードもいろいろな曲があることがわかりハマったわけです。

よくよく考えたら70年代のド派手な衣装やパフォーマンスをチラッと見たことがあったんですけどね。

この「The Bitch is Back」などタイトルもパフォーマンスもすごいです。

created by Rinker
¥1,330 (2022/05/20 11:19:10時点 Amazon調べ-詳細)

歌詞は盟友バニー・トーピンが書き、エルトンが曲を書くというスタイル。

作曲だけをする場合は曲先(曲を先に書き、それに合う歌詞を書く)の人が多いイメージがありましたが、エルトンは詞先なんですね。

エルトン・ジョンは70年代には7作連続でアルバムを全米1位に送り込むなど信じられないくらいの成功を収めました。

以前読んだ名盤ガイドがエルトンについて「70年代に一番いい曲を書いていたのはこの人。変な偏見で見ないように」と書いてありました。

いろいろアルバムを聴いてみて、それがよくわかりますね。

created by Rinker
¥4,620 (2022/05/20 11:19:10時点 Amazon調べ-詳細)

▲この写真集を図書館でたまたま手にとり、特にドジャースタジアムの写真が気に入ったこともエルトン・ジョンを聴くきっかけでした。

最近もエド・シーランとコラボしたり、全英1位を取ったりと活躍しているのもすごい。

まとめ

エルトン・ジョンにここまでハマるとは思っていませんでした。

映画「ロケットマン」も見てみようと思います。

最近聴いたアルバム:ストーンズ、ディラン、ジェイク・バグ – つぶログ書店

あわせて読みたい(スポンサーリンク)