新型コロナウィルスによる緊急事態宣言下の福山

地域情報

あとから振り返るために新型コロナウィルスによる緊急事態宣言下にあった福山駅前の写真を記事にしてみました。

緊急事態宣言が出ていた時期

いまだ収束しない新型コロナウィルス。

全都道府県に出されていた緊急事態宣言は解除されましたが、自分のカメラロールを見返していてこのころの街の様子を記録に残しておくのも大事なことかと思い、記事を書いてみます。

▲4月19日の駅南口の銀行ATMを出た付近。

▲福山駅のさんすても全館閉館されていました。

休日でも人通りがほとんどありませんでした。(4月19日(日))

4月25日(日)9時半頃の福山駅改札。時間帯のこともありますが、人がいません。

夜の街も当然ながら人通りがなかったです。駅南口のバス待合所付近。

久松通りも同じです。

福山駅の改札を出てすぐのスタバでもソファー席がが使えなくなっていました。

楽しみにしていたイベントも中止になりました。

まとめ

こういう振り返りをするとなんでもない日常の大切さを痛感します。

まだ引き続き感染対策のため注意が必要ですが、少しでも早く前のような生活が戻ってくればと思っています。

記録しておかないとこういう体験も記憶が薄くなってしまうので今回記事を書いてみました。

【再開発】変わりつつある福山駅前を記録したい | つぶログ書店