通勤読書で時間が増える!Kindleを中心にして

読書

最近は通勤中に読書をすることが多いです。あとはブログネタをMemoFlowyで書くとか。一時期読書に身が入らない時がありましたが、最近はブログに生かせる知識を求めて熱が入っています。

読書は効率のいい学び

最近書くことが多いですが、読書は効率的に知識を学ぶことができる手段だといえます。

月に1冊も本を読まないという人も多いので、本を読むことでほかの人との差を作ることができます。

そんなことは抜きにしても、単純に楽しい!

わずか2000円ほどで自分の知らなかった知識、考え方を学べるのですから、なんと効率のいいことか!

著者の方の講演やセミナーに行けばもっとたくさん学べるかもしれませんが、本では個人講義を受けているようなものです。

何度でも質問できるし、昔の偉人に話を聞くこともできます。

電車ではスマホを見ている人が多い

電車で通勤していて感じるのは、車内でスマホを見ている人が多いということ。

画面を見れるわけではないので、なにをしているかはわかりませんが、かつてほど本を開いているひとは多くない印象です。

通勤時間というのは絶好の学びの機会だと思います。

読書時間をなかなか取れなくても、通勤中に読むことに決めれば、ある程度の時間を確保できます。

ゲームをするのもいいけれど

あと、電車内ではゲームをしている人も多い印象です。

個人的にはゲームにあまり関心がなく、iPhoneに入れているゲームも冬眠状態のマインクラフトだけです。

パズドラとかもやってみて、少し時間を使いましたが、ハマりきれませんでした。

それは個人的にですが、本の世界のほうがエキサイティングだったからでしょう。

実用書からは知識を学べ、歴史の本からは情熱を学ぶことができます。

息抜きに軽くゲームをしたいと思う時がありますが、その時は MemoFlowyでブログのアイデア出しをしています。

Kindle Paperwhiteは便利

通勤中におすすめなのがKindle Paperwhiteです。

iPadなどでもいいのですが、Kindle Paperwhiteはほぼ読書しか出来ないので、本を読むのに集中できます。

メモやハイライト、ページを折るなどの基本的作業はKindleでもできます。

ぼくはちょっとした時間にKindleを出して本を読んでいると、読書時間がかなり伸びたように感じます。

Kindleアプリも復習には便利

Kindleはアプリもあり、スマホなどでも読むことが出来ます。

ぼくはアプリ版は一度読んだ本の復習につかっています。

アプリ版はカラーだし、線も引きやすく、気軽に読めます。

そのため、一度読んだ本を頭に入れるのに重宝しています。ハイライトした箇所を中心にササッとめくっていき響いたところを熟読する感じです。

紙の本の良さもある。しかし・・。

紙の本の良さもありますが、通勤中にはちょっと持ち運びがしにくいですね。

最近はひらくPCバッグを使っているので、本もKindleの他には1冊くらいしか入りません。

それもあまり分厚いのは無理ですね。

でも、ブログで書評を書こうと思った時には紙の本の方が便利です。

パラパラとめくって必要箇所をメモするという使い方ができるからです。

紙と電子書籍、それぞれに良さがあり、うまく活用できたらと思います。

まとめ

今回は通勤中の読書について考えてみました。

通勤中の時間の過ごし方は、本当に人それぞれです。

現時点でのぼくのスタイルでは読書を中心に、ブログを書いたりするというのがいいようです。

今はこのスタイルが気に入っているので、しばらくこの方法で行ってみようと考えています。

Posted from SLPRO X for iPhone.

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

読書