関ヶ原以降の羽柴家の様子:『羽柴家崩壊』

hashiba ke Collapse 書評

黒田基樹さん著の『羽柴家崩壊』を読みました。

羽柴家崩壊の過程

関ヶ原の合戦で勝利した徳川家康が1603年に征夷大将軍に就任し、名実ともに天下人になったということはよく知られています。

また、大坂の陣によって豊臣家(羽柴家)が滅んだことも歴史的事実として必ず学ぶ事柄です。

でも、天下の趨勢が豊臣家から徳川家に移る中、豊臣家内部でどのような動きがあったかについてはあまり知られていないのではないでしょうか。

それを知るのに最適なのが、黒田基樹さん著『羽柴家崩壊』です。

created by Rinker
平凡社
¥1,870 (2020/08/10 09:30:33時点 Amazon調べ-詳細)

羽柴政権から江戸幕府への政権交代という観点は、あまり注意されていなかったのである。

この時期を語る上で欠かせない人物は、言うまでもなく、秀頼、茶々(淀殿)、そして片桐且元です。

片桐且元は、羽柴家譜代の臣で秀頼に家老として仕え、家康との窓口になった人物。

関ヶ原の合戦以降、天下の運営を行う政権と豊臣家の家政(家の運営や経理など)が切り離された結果、淀殿がそれまで経験のなかった政治的活動、判断を行わなければいけなくなったのです。

そこで淀殿から頼りにされたのが、片桐且元なのです。

関ヶ原合戦後から大坂の陣までの時期の羽柴家は、事実上の家長であった茶々と、筆頭家臣であった且元とによって運営されていたのである。

淀殿から片桐且元への書状を紹介しながら、あまり知られていなかった“関ヶ原以降”の羽柴家について知ることができます。

最初は茶々から頼りにされていた且元ですが、江戸幕府との折衝から対立し、羽柴家が且元を殺害しようとしたことが大坂の陣の直接的な原因になってしまいます。

まとめ

江戸幕府については史料が残っていることもあり、研究が進んでいますが豊臣政権についてはまだまだわからないことが多いのが実態です。

それがここ数年、ぼくが豊臣政権に興味を持っていた理由です。

現代のように行政の文書が残っていないので、限られた史料から事実を復元していくしかありませんが、興味は尽きません。

天下人の築いた巨城の歴史『豊臣秀吉と大坂城』 | つぶログ書店

今回紹介した本

created by Rinker
平凡社
¥1,870 (2020/08/10 09:30:33時点 Amazon調べ-詳細)