毎月連載のコラボ書評まとめ【つぶあんとさかもとみきさんの書評】

コラボ書評 コラボ書評

ブログ「坂本、脱藩中。」のさかもとみきさんと毎月同じ本を読み合っている「コラボ書評」。

1年以上コラボが続き、お互いの書評がたまってきたのでまとめ記事を書きました。

毎月連載のコラボ書評

このブログでは、ブログ「坂本、脱藩中。」のさかもとみきさんと毎月コラボしている書評を書いています。

コラボ書評とは2人のブロガーが同じ本を読み、感想をお互いに書くという内容です。

ぼくはさかもとさんにいろいろ相談をしたり、Twitterで交流をしていました。話の流れで「コラボしたいね」という流れになり、お互いに本好きということもあり書評を書きあうというスタイルになりました。

面白いのは同じ本を読み合っていても、人によってこうも感想が違うのかという点がわかる点です。

特にこのコラボ書評は「オトコとオンナの本の読み方」という副題があるんですが、男女で本の捉え方が違う点も面白い点だと思います。

1年以上続くコラボ書評で、新しい本に出会える月1回のコラボです。毎月新しい本を読み、書評を書くというのがすっかり習慣になりました。

企画としてはぼくのブログで一番長く続いているものになりました。

記事がたまってきたのでさかもとさんの分とあわせて、記事をまとめてみました。

今後のコラボ書評も新しいものがアップされたらここに追加していこうと思っています。

コラボ書評まとめ

2017年のコラボ書評

西原理恵子『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | つぶログ

女はしんどいと思ったらこれを読んでほしい「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」西原 理恵子 | 坂本、脱藩中。

ヒキタクニオ『人殺しパラダイス』

【コラボ書評】「人殺しパラダイス」人の殺意は蜜の味? | つぶログ

もしも言葉にしなくても相手に心が伝わるとしたら自分はどうなる?「人殺しパラダイス」ヒキタクニオ | 坂本、脱藩中。

勝新太郎『俺、勝新太郎』

【コラボ書評】規格外の男、シン・カツシンタロウ『俺、勝新太郎』を読んで | つぶログ

あのパンツの人は哲学者でありリリシストであり役者狂いの超いい漢だった「俺、勝新太郎」 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥669 (2019/04/24 01:07:05時点 Amazon調べ-詳細)

宮藤官九郎、みうらじゅん『人はどうしてキスをしたくなるのだろう』

【コラボ書評】人はどうしてキスをしたくなるのだろう。宮藤官九郎とみうらじゅんが9割不真面目に答える笑える哲学書? | つぶログ

愛してるの意味って?男子校勢の純粋な猥談「どうして人はキスをしたくなるんだろう?」みうらじゅん・宮藤官九郎 | 坂本、脱藩中。

酒井順子『男尊女子』

私に足りないものを見つけた:酒井順子『男尊女子』【コラボ書評】 | つぶログ書店

読んだらモテる?!男と女の見えにくい「メンドクサイ」を可視化する説明書「男尊女子」酒井順子 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥1,512 (2019/04/24 01:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

伊坂幸太郎『AX』

【コラボ書評】妻が寝ている時の夜食は魚肉ソーセージがベスト。伊坂幸太郎『AX』 | つぶログ

一番気を遣うのは妻?!恐妻の一挙一動に細心の注意を払うデキる殺し屋「AX」伊坂幸太郎 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥1,620 (2019/04/24 01:07:07時点 Amazon調べ-詳細)

2018年のコラボ書評

飛鳥井千砂『そのバケツでは水がくめない』

飛鳥井千砂『そのバケツでは水がくめない』:バケツからこぼれ落ちるような感情【コラボ書評】 | つぶログ

友達を大っ嫌いになる瞬間は?女vs女のトラウマ再燃「そのバケツでは水がくめない」飛鳥井千砂 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥1,836 (2019/04/24 01:07:07時点 Amazon調べ-詳細)

よしもとばなな『鳥たち』

【コラボ書評】残酷なまでに、厳密に。よしもとばなな『鳥たち』 | つぶログ

死と向き合い、死者の幸福を祈り、死を乗り越える少女の物語「鳥たち」よしもとばなな | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥518 (2019/04/24 01:07:08時点 Amazon調べ-詳細)

アガサ・クリスティ『春にして君を離れ』

【コラボ書評】人生では価値観が揺らぐことが一番怖い。アガサ・クリスティ『春にして君を離れ』 | つぶログ

理想の家庭をもつ主婦が家族にかける義務や正しさという呪い「春にして君を離れ」アガサ・クリスティー | 坂本、脱藩中。

トム・ジョーンズ『コールドスナップ』

【コラボ書評】人生で唯一確実なものがトラブルだ。:トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』 | つぶログ

弱さを抱えながら生きていく大人たちのキラキラしない人生「コールド・スナップ」トム・ジョーンズ(訳:舞上王太郎) | 坂本、脱藩中。

森絵都『風に舞い上がるビニールシート』

【コラボ書評】風に抗い、このすばらしさがずっと続きますように。:森絵都『風に舞いあがるビニールシート』 | つぶログ

大人になるほど大事なものを忘れて生きてしまうのはなぜだろう「風に舞い上がるビニールシート」森絵都 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥605 (2019/04/24 01:07:09時点 Amazon調べ-詳細)

中島らも『水に似た感情』

【コラボ書評】あちら側とこちら側を行き来する小説『水に似た感情』【中島らも】 | つぶログ

酒?薬?仕事のストレス?自分?人を壊すものは何か?「水に似た感情」中島らも | 坂本、脱藩中。

古川日出男『ミライミライ』

【コラボ書評】叙事詩が再起動する『ミライミライ』を体験せよ【古川日出男】 | つぶログ

こんな北海道、あったのかも…!夢と音楽と政治の妄想未来「ミライミライ」古川 日出男 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥2,484 (2019/04/24 01:07:10時点 Amazon調べ-詳細)

島本理生『夏の裁断』

【コラボ書評】正しくも完璧ではない自分のままで『夏の裁断』【島本理生】 | つぶログ

空いた穴を埋めるのは男?トラウマの克服?親子関係?「夏の裁断」島本理生 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥734 (2019/04/24 01:07:11時点 Amazon調べ-詳細)

桜木紫乃『ふたりぐらし』

【コラボ書評】どうやって夫婦になるのだろう?『ふたりぐらし』【桜木紫乃】 | つぶログ

言えないことも抱えながら平穏な日々を願い共存する夫婦「ふたりぐらし」桜木紫乃 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥1,566 (2019/04/24 01:07:11時点 Amazon調べ-詳細)

佐藤友哉『転生!太宰治 転生してすみません』

「太宰治」×「転生」文学と現代をミックス:『転生! 太宰治 転生して、すみません』【コラボ書評】 | つぶログ

ドルガバを着た太宰が地下アイドルのブログ指南⁈あらすじから面白い「転生! 太宰治 転生して、すみません 」佐藤友哉 | 坂本、脱藩中。

はらだ有彩『日本のヤバい女の子』

マジで信じられないことがあったんだけど『日本のヤバい女の子』 | つぶログ

嫉妬、結婚、秘密、別れ…古典に学ぶ、女の想いと生き方と「日本のヤバい女の子」はらだ有彩 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥1,512 (2019/04/24 01:07:12時点 Amazon調べ-詳細)

川村元気『億男』

死ぬときが人生最大の金持ち?:川村元気『億男』【コラボ書評】 | つぶログBooks

お金は手段か目的か、それとも全てか「億男」川村元気 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥734 (2019/04/24 01:07:13時点 Amazon調べ-詳細)

2019年のコラボ書評

藤谷治『燃えよ、あんず』

愛すべきぽんこつたちの物語『燃えよ、あんず』【コラボ書評】 | つぶログ書店

ああ、人生という喜劇!踊るのか、踊らされるのか「燃えよ、あんず」藤谷治 | 坂本、脱藩中。

開高健『夏の闇』

救いのない時代の救済の物語:開高健『夏の闇』【コラボ書評】 | つぶログ書店

男のめんどくささと色気と、絶望と色欲をビー玉に閉じ込めたような名作「夏の闇」開高健 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥594 (2019/04/24 01:07:14時点 Amazon調べ-詳細)

平野啓一郎『ある男』

愛には過去が必要か?:平野啓一郎『ある男』【コラボ書評】 | つぶログ書店

死んだ夫は他人だった!?実在するのに名前のない男を追う「ある男」 平野 啓一郎 | 坂本、脱藩中。

created by Rinker
¥1,728 (2019/04/24 01:07:14時点 Amazon調べ-詳細)

絲山秋子『夢も見ずに眠った』

【コラボ書評】愛おしさと切なさ『夢も見ずに眠った』【絲山秋子】 | つぶログ書店

結婚が終わりをむかえるときとその後。男と女は何を感じ、どう生きていくのか「夢も見ずに眠った。」絲山秋子 | 坂本、脱藩中。

まとめ

このコラボ書評はひと月ごとにお互いに次の月の本を交代で選んでいるのですが、さかもとさんの本のチョイスが毎回素晴らしくいつもうなっています。

自分で選ぶときもあえて守備範囲外の本を選んだりして、本の世界が広がっているのを感じます。

このぐらいいろいろな本を取り上げている書評もない気がするので、ぜひ個別の書評も読んでみてくださいね。