時期によって好きな音楽のジャンルが変わっていくのが面白い!

ノエル・ギャラガーのアナログシングル 考えたこと

鉄板で好きな音楽のジャンル、アーティストはいるんですがその時時によって聴くものが変化します。

もしかしたら体の感じているリズムと関係があるのかもしれません。

時期によって好きな音楽が変わる

ぼくは時期によって好きな音楽のジャンルが変わります。

基本的にロックを聴いているんですが、いわゆるクラシックロックから、フォークロック、アンビエント、ダンス、レゲエ、ファンク、エレクトロニカなど。

たまにジャズなんかを聴いたりします。

もちろん、鉄板で好きなアーティスト、ジャンルはあるんですが、その中でもぐるぐる移り変わっている感じですね。

リズムなのか?

ぼくはロックをメインに聴いていることもあり、歌詞をそんなに気にしません。

気に入った曲の歌詞を見るくらい。

勝手な推測ですが、体というか、頭が感じている体調のリズムみたいなものがあり、それに合わないものは遠ざけるのではないでしょうか。

嬉しい気分のときに無機質な打ち込み系の音楽が心地良いこともありますし、悲しい気分のときにハードロックのリズムが合うこともあります。

気持ちが落ち込んでいるときは姿勢が下向きになり、体のリズムが悪くなるとか。

まとめ

ずっと同じジャンル、アーティストを聴く、そのほうが合うという人もいるでしょう。

ぼくの場合は気分の変化があったら、だんだん聴くジャンルが変化していって最終的に落ち着くという感じです。

根拠も何もないですが、気分の変化と考えると大間違いでもないかもしれません。