『ブッダのことば』が面白い!

Buddha 書評

東洋の古典を集中的に読む過程で、『ブッダのことば』という本に出会いました。

ブッダのことばが面白い!

『論語』を読んでハマったことから、最近いわゆる古典と呼ばれる本をよく読んでいます。

やはり何千年、何百年も残っているだけに、時代を超えて心に響く言葉が多いような気がします。

いまパラパラと呼んでいるのは『ブッダのことば』という本です。

created by Rinker
¥1,243 (2020/03/30 16:36:35時点 Amazon調べ-詳細)

西洋の哲学も素晴らしいのですが、やはり自分が日本人だけに、東洋の思想がしっくりきます。

『論語』とならぶ東洋の思想の源泉ともいえる本ですが、もともとは仏教の聖典です。

仏教書というと難しいイメージですが、この本のことばは意外なほどシンプル。

もちろん、思想的に深いことが語られていますし、本の半分ほどは注釈であることからわかるように、思想としても価値が高いものです。

自分を苦しめず、また他人を害しないことばのみを語れ。これこそ実に善く説かれたことばなのである。

生れを問うことなかれ。行いを問え。火は実にあらゆる薪から生ずる。賤しい家に生まれた人でも、聖者として道心堅固であり、恥を知って慎むならば、高貴の人となる。

まとめ

人によって信じることは違いますが、この本にあることばは「どう生きるべきか」という、人としての根源的な悩みについて考えているものだと思います。

この本をベースに、自分でいろいろ考えるのもいいし、より詳しく調べたくなったら、たくさんの研究があります。

こういう点も古典のいい部分ですね。

明治書院版『論語』が語釈、解説も充実で初心者にもいいかも! | つぶログ書店

今回紹介した本