体調は悪くないが気分が乗らない感じがあるのは運動不足?

倉敷アウトレット 考えたこと

最近調子はそこまで悪くないものの、体調的に気分が乗らない感じがあってどうしてかな、と原因を考えています。

エンジンがかからない感じ。

ここのところ、体調が思わしくない、というところまではいかないもののどうも調子が乗らない感じがあります。

そこでふと思い出したのが作家村上春樹さんの言葉。

旅をしながら書くことについて綴った『遠い太鼓』の一節です。

雨が降っていないときを見計らって、リージェント公園を一時間ほど走った。それくらいは体を動かしておかないと、頭がどこかイッテしまう。頭がイカないように、体をイカせるのだ。
村上春樹『遠い太鼓』

村上さんは「小説を書くのは世間が思っているよりもずっと肉体労働なのだ」という意味の発言もあるし、なにより『走ることについて語るときに僕の語ること』という著作もあります。

ぼくの仕事は結構立っている時間、歩いている時間もあるのですが、おそらく体がそれに順応しているので「脳」の疲労と肉体のバランスがうまく取れていないのかも。

まとめ

適度な運動は気分の改善に効果があるみたいなので、ぼちぼち増やしていきたいです。

あとは柔軟性、血行がよくないと万事滞りそうなので、ストレッチもしていきたいです。

休養こそ大切!休めるスケジュールを組もう! | つぶログ書店

今から来年の夏に向けてトレーニングをして備えたい! | つぶログ書店