久しぶりに書店に行って刺激を受けた件

書店

昨日、久しぶりに大型書店に行きました。ここのところ、本を買うのはKindleかAmazonのみだったので、すごく刺激を受けて楽しかったです。よく言われていることですが、ブロガーにとって書店というのはネタの宝庫ではないでしょうか。

書店に行くとアイデアが生まれる

書店に行くとアイデアの宝庫であることに驚かされます。さまざまな本に出会うことで刺激を受けることはもちろんですが、新刊紹介を見たり、ポップで紹介されているコーナーを見たり。いま、世間ではこういうことが注目を集めているのかを知ることができます。

アイデアというのは組み合わせだとよくいいますが、書店にはその素材がたくさんあります。もちろん、本を手に取って、読んだ内容から新しい発想が生まれることがあります。こういう本を書店側は売りたいんだなと思ったり。

予想外の出会いがある

インターネットで本を買うのもいいものです。ぼくが拠点にしている福山市ぐらいの都市の書店だと書店に並んでいない本というのは結構あります。手軽に自宅にいながら探している本が手に入る気軽さがあります。おすすめ本の仕組みもあって、いろいろな本に出会い仕組みもあります。しかし、書店の多様さにはまだ敵わないという印象です。

書店だとさまざまなコーナーがあり、それにいつでもアクセスすることができます。旅行のコーナーを見て、健康情報のコーナーを見つつ、ビジネス書の棚を眺める。そした行動から新しい発想が生まれることもあります。

知らなかった本と出会える

知らなかった本と出会えるのも書店の魅力ですね。ここでいう知らなかった本というのは自分の全く知らなかった守備範囲外の本という意味です。ぼくで言うと女性の読む美容とか生き方系の本は普段手に取らないし、買うこともないので、こういうのがあるんだと新鮮な気持ちで読むことができます。ダイエット本もこんなに種類があるのかと驚きました。あと、付録つきの本の多さにも。

こうした本との出会いはAmazonでは少し弱いところですね。普段ビジネス書ばかり買っているのに、おすすめ欄に女性向けの本は出てこないですからね。

昨日行った書店では芥川賞作家の宮下奈都さんの作品に関連して、原民喜という作家の作品を紹介していました。こういうのってとてもいいと思います。

まとめ

今回は書店にいって考えたことを書いてみました。最近はサボっていましたが、やはり定期的に書店には行ったほうがいいですね。ブラブラしているだけで、結構刺激があるし、アイデアも生まれます。好きな本を買って、すぐ読めるカフェが併設されていたりすると、幸せな気持ちになりますね。Wi-Fiが来ているとなお良し。そんなわけで、書店めぐりおすすめですよ。

昨日見た本

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

書店