Amazonの買い切りが日本の「本」を変えるのか?

本・読書に関すること

「活字離れ」「出版不況」というキーワードがもはやニュースにならなくなってしばらくたちます。

「黒船」Amazonが次の一手を打ってきました。

Amazonの次の一手

先日Amazonが書籍の買い切り制度を開始するというニュースが流れました。

アマゾンジャパン、書籍買い切り方式を開始へ | 財経新聞

これは読書好きとしてはなかなか驚きのニュースなのです。

どういうことかというと、日本の出版界には「再販制度」とというルールがあり、本の価格が基本的には安売りされることはありませんでした。

どこでも同じ価格で本が変える反面、書店にとっては返品が可能なので日本の出版界の特徴ともなっていた部分です。

Amazonはこれまでとは違い、本を「買い切り」販売して、売れ残った部分については値引きも検討しているとのこと。

再販制度の良し悪し

普通の商品だと売れ残ったりしたものは安売りしたり、逆にセールでお客さんを呼んだりしますよね。

本についてはそれができなかったのが、いまや「世界最大の小売業」Amazonがそれに変化を起こそうとしています。

「再販制度」があったから日本の出版文化が守られてきた面はあるにはあります。

ただ、ある種の既得権益みたいになっていたのも、また事実です。

Amazonの動向が今後の「本」に与えることは間違いありません。

まとめ

規模においては日本の出版界、書店にAmazonに対抗できる企業はありません。

ずっと昔に決められた制度を企業も読者も前提としてきた部分はあるので、今後「本」をどうしていきたいのか考えなければいけないタイミングがやってきたようです。

Amazonの研究開発費は日本の出版界の売り上げを上回っている。