書評をブログの柱にしたい!セミナー受講から一夜明けて

読書

立花岳志さんのブログセミナーから一夜明けました。セミナーの資料を見たりしながら、当日の講義を振り返っています。実はセミナーの最中、そして帰りの新幹線の中である思いが頭をもたげてきました。特に新幹線の中ではセミナーの振り返りをノートに書いていたので、より強く感じたのでした。それは書評をブログの柱の一つにしたいという思いです。

立花さんからの影響

立花さんの著書『iPhoneダイエット』にはダイエットのためにお弁当を小さくし、余った休憩時間でブログを書いていたという記述があります。

昨日のセミナーでわかったことですが、この記事というのは書評のことだったのです。

準備があるとはいえ、昼休みに書評を書いてしまうなんて!

立花さんのブログ筋力はどれだけすごいのでしょう。

自分に同じことができるかどうか、わかりません。しかし、書評の本数は増やしたいと思いました。

書評をブログの柱に

もともとぼくは読書をするのが好きです。

しかし、これまではたまにメモを残すぐらいで書評なんて考えもしませんでした。

読んだ本はそのままにしておくと、記憶の奥深くにしまわれてしまいます。

そこで対策として考えたのが、書評を書くことです。

書評を書くことで、記憶にも定着し、読者の役に立ちます。(そのはず)

なにより、ブログのメインコンテンツになり得る可能性を秘めています。

最初は拙いかもしれませんが、「質より量より更新頻度」ということで書評を書く回数を増やしたいと思います。

質は後からついてくるということだと思います。

まとめ

実はセミナーの最中から書評記事を書きたくてワクワクしていました。

セミナー前に大型書店の紀伊国屋書店に立ち寄り、大量の本から刺激を受けた面もあるかもしれません。

立花さんの書評がもともと好きなこともあり、自分もあんな書評を書いてみたいという思いが強くなりました。

書評記事を量産とまではいかなくても、週に何回かは投稿できるように頑張りたいと思います。

書評を書くことによってブログ筋力を高めることも目的の一つです。

記事を書き続けていくことで、どんな変化が起きるのか自分でも楽しみです。

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

読書