1人用ボードゲームを教えてもらったので、今度やろうと思います!

人形

最近ボードゲームににわかに」興味が持っています。大人数で多のしく遊べればいいのではないかと。いろいろ試してみます!

ボードゲームといえば、パーティーなどの時に何人かで集まって行うというイメージがありました。

これとかね。


すごく楽しそうだけど、基本的にぼっちの私にはブロガー会に行ったときにくらいしかできないという悩みもありました。

いわずとしれた資源の開発を目指すというモノです。

このほか、興味があるのは初心者にもできるという『宝石の煌めき』です。

『宝石の煌めき』

パッケージからかっこいい。

なにげにアプリ版もありますね。

それはさておき、いくら楽しいボードゲームでも1人でできないのではしかたない。

友人が集まる機会を待つしかないとあきらめていました。

そんな時親切なかたから福音が!

なるほど、ソロ専用のボードゲームもあるのか!

「ロビンソン漂流記」はこういうのみたいです。

とある孤島で一人での生活を楽しんでいた島民フライデー。しかしあるとき、転覆した船と共にロビンソンが漂着した。早くロビンソンに島から出て行ってもらいたいフライデーは「ロビンソンが自力で島から出て行けるように彼を鍛え上げよう!」と思い立ち、ロビンソンを導いてゆく。
『ロビンソン漂流記』は1人用のカードゲーム。プレイヤーは島民フライデーとなり、頼りないロビンソンが力尽きずに島から脱出できるよう、サバイバル生活を通して彼を鍛え上げていく。ロビンソンの能力は「ロビンソン・デッキ」という山札で表され、山札を充実させていくことで成長が実感できるわかりやすいシステムと、難易度を選んで何度も繰り返し遊ぶことができる秀逸なゲームバランスが非常に魅力的だ。空いた時間に気軽にプレイするもよし、高い難易度でのクリアを目指してじっくりプレイするもよし、初心者から上級者まで、幅広く楽しむことができる内容となっている。

プレイ人数:1人
プレイ時間:25分
対象年齢:13歳以上z

こういうのもあるみたいです。

プレイ人数:1人
プレイ時間:25分
対象年齢:13歳以上

1人用の知的ゲームみたいです。

多種多様なゲームが存在する。

このことこがわかりました。

ボードゲームに種類があり、心理戦、交渉、戦争などさまざまなおよびまし。

個人的に気になっているにはこちらですね。!

かつては

ほかに教えていただいたのは、


こういうゲームよとか。

空いたのはかずのこさん推薦のこれですね。

まとめ

ボードゲーム楽しいです!

スポンサードリンク

人形