アンテナを張ること:ネタ集めと実際に書くこと

ノート

今朝も早起きしてブログを書こうとしていましたが、なかなか書くことが思いつかない。ネタ帳はあるのですが、イマイチ今の気分じゃないという感じです。今回は情報の集め方と書くことについてまとめてみました。自分への自戒をこめて書きました。

情報を集める

ブログを書こうと思ったら、情報を集める過程が必要です。

自分発の情報を書くことがありますが、その場合でも自身の経験を深掘りすることは必要でしょう。

その時に必要なのがアンテナを張ること。

これは『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』に書いてあったことですが、アンテナを張ることは自分の中に「問い」を持つことです。

「問い」を持つことで自然とその情報が集まってくるというわけです。

いわゆる情報感度を高く保つということですね。

書店、電車の中、街中など世の中にはいろいろな場所がありますが、これまでと目を変えればネタになることはたくさんあると思います。

要はそれを自分のアンテナで拾えるかどうかだということです。

メモの効果

ネタを拾ったら、メモすることが大事です。

人は考えたことは簡単に忘れてしまうからです。ぼくの場合はネタ帳にWorkFlowyを使っています。

とりあえず思いついた言葉をWorkFlowyにベタ打ちしていって、あとでブログネタとしてふくらませて行く感じです。

ウォーキングしている時など、結構アイデアを思いつくんですが、その場でメモしないと意外と忘れしまうものです。

それが結構面白い記事になりそうだったり。

前述の『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』には、メモの効果として、記憶効果、情報生み出し効果、気づき効果、アイデア効果が挙げられています。

実際に書くこと

情報を集めて、ネタをメモしたら、あとは書くだけです。

しかし、いざMacの前に座ると、考えていたことと違うことを書き始めることもしばしば。

これの理由はよくわからないのですが、勢いみたいなものでしょうか。

意識しているのは読者のターゲットを明確にすること、誰に向かって書いているのか考えることですね・・・。

と言ってもなかなか難しいのですが。

ブログに書くことがないと悩む人へ:「読者の役に立つ」の罠 | 今、夢に生きる

書く対象については広島ぶろがー会主催のはぎ たかしさんの記事が参考になります。

自分のいまのレベルでも役に立つ人はきっといるということですね。

こう考えると勇気がもらえます。

まとめ

今回は情報の集め方と、実際に書くことを考えてみました。

この辺りは永遠の課題というか、いつまでも追求していかなければいけないことだと感じています。

たくさん書くことをこなして、いい文章を書けるようになりたいものです。

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

ノート