最近はブログを書くツールが変化してきて、Macが多くなりました。iPhoneでもブログを書くことはできますが、記事に書いた理由からMacとiPhoneの役割を分担したほうがいいかなと思いました。

ブログを書くツールの変化

ブログを書いていると常に使うツールが変化してきて、自分のことながら面白いです。

以前はよくモブログをしていました。

モブログとは何かというと、iPhoneなどスマートフォンでブログを書くことです。

iPhoneには「するぷろ」など優れたエディターがあり、外でブログを書くのにも便利です。

ぼくもよく使っていましたが、最近はMacでばかりブログを書いています。

これにはいくつか理由があります。

キーボードのほうが文章を書きやすい

まず、個人的にですが、フリック入力よりかはMacのキーボードのほうが圧倒的に書きやすいです。

短い文章ならiPhoneでも大丈夫ですが、1000文字以上の長文になるとキーボードで書いたほうが効率がいいです。

Bluetoothキーボードも持っていますが、電車の中で広げるのはなかなか難しいです。

そんな時はiPhoneでささっとメモをするなど、役割分担をしています。

逆にちょっとしたアイデアをメモするときはiPhoneでメモするのがいいですね。

画像の編集などがしやすい

テザリング用のスマホを持っていることもあり、休みの日に出かけるときはMacBook Airを持って出かけます。

上に書いたようにiPhoneでもブログを書くことはできますが、最終確認や画像の挿入のときにどうしてもMacで作業がしたくなります。

写真を撮ったりするのもiPhoneだと便利ですが、ブログにアップするときは容量を落とす処理をしているので、そういう作業をするのに最終的にMacの力を借りるようになるのです。

だったらMacで書こう!と思った訳です。

iPhoneはメモとアイデア用に

といいつつまったくiPhoneでブログを書かなくなったわけではありません。

ささっと書くのには適していますし、メモを取るには最高です。

そこで、本格的に書くのはMacBook Air、下書きやメモ、アイデアはiPhoneでと役割分担をするようになりました。

思いの外この方法が気に入っています。

本当は仕事の昼休みにMacBook Airを広げて、ブログを書きたいのですが、周囲の目もあり難しいのが現状です。

でも、iPhoneなら思う存分ブログを書くこともできるし、1人ブレストや日記も書けます。

職場で自前のPCを広げていると注目されますからね。

そんなわけで出先で集めたアイデアを自宅でブログ記事にするというステップを踏んでいます。

まとめ

この方法を試しだしてから、ブログの更新が楽になった気がします。

モブログを駆使して1日にたくさんの記事を書くというのも憧れますが、そこは予約投稿を使って補いたいと思います。

LINE Blogが出てきてから、ブログを書く手段は多様化しています。

ぜひ、自分にぴったり合う方法を探してみてください。

iPhoneでブログの下書きをしているときに使っているアプリ

簡単に書いて字数をカウントすることだけに特化したメモアプリ。

無料なのがいい感じです。

photo credit: VernsPics The lake via photopin (license)

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

ブログの書き方