自己プロデュース能力が必要だと痛感した話

最近ブログを書くようになって、気づいたことがあります。それは自己プロデュース能力の欠如。プロデュースというと音楽プロデューサーが思い浮かびますが、ぼくのような個人ブログでは自分自身でプロデュースする必要があります。

自分の目指す方向性

ブログを書くにはそのブログを書く方向性を決める必要があります。

ぼくの場合だと自分の興味あることを書くということを決めて、これまで書いてきましたが、どうにも方向性が定まらない。

アクセスのことはさておいて、ブログのカラーがいまいち定まっていないのです。

こういう時、音楽だとプロデューサーがいて、アルバムの方向性を示してくれますし、そのアイデアをくれる場合があります。

しかし、個人ブログではそれは難しいため、自己プロデュース能力が必要だと考えたわけです。

ブログの軸が欲しい

このブログは雑記ブログなので、何でも好きなことを書くことができます。

その時の興味関心に従って書くというスタイルを取っていますが、それだけにブログの軸みたいなものが欠けていたかもしれません。

現在地130記事ほどありますので、おぼろげながら中心となることがわかってきました。

それは書評、地元の情報、ブログのことなどです。

反対に歴史のことなどはあまり反応がありません。

他の人の助けを受けるのもあり

ここまで書いてきて、真逆のことを言うようですが、友人などの助けを借りるのもありかもしれません。

もちろん、ブログのプロにアドバイスを受けることができるならそれに越したことはありません。要するに自分の目指す方向性と書く内容が一致すればいいのです。

そして、自分にはない発想をつけたことでブログは面白くなるのではないかと思います。

まとめ

今回は自己プロデュース能力について考えてみました。

これには自分を客観視することが必要ですね。

あとは、とにかく真似ること。オリジナルを出すのは、上手くなってからでもいいのです。

この点を意識してブログを書いていきたいと思います。

Posted from SLPRO X for iPhone.

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク