何にアイデアをメモするのか:発想を取りこぼさないために

ノマド

ブログを書いていると毎日の通勤中もブロブネタのことを考えていたりします。いいアイデアを思いつくこともありますが、そのままにしていると忘れてしまうもの。今回はせっかく思いついたアイデアをどこに保存するのかについて考えてみました。

アイデアはどこで生まれるかわからない

見出しにもあるようにアイデアはどこで生まれるかわかりません。通勤中に看板を見ていて思いつくこともありますし、読んだ本をもとにフッとアイデアが降りてくることもあります。

ブログを書くようになる前は特にアイデアをアウトプットする場もなかったので、何か思いついてもそのままにしていることが多かったです。

しかし、ブログを書くようになった今は違います。どんなネタもブログに書けないか考えるようになりました。

特にいまは記事をたくさん書くことを意識しているので、小さいアイデアも取りこぼしたくありません。

となると、必然的にどこにメモをするのかということが問題になってきます。

紙のメモを使う

ぼくは紙のメモはRODIAを使っています。何か思いついた時にはこのメモ帳に書くわけですが、電車の中だとそもそもバッグから出しにくいときもありますし、瞬時に書きたい時には難しいかもしれません。

ただ、絵を書いたり手書きで感覚が残るなどデジタルにはない魅力があるのもたしかです。

iPhoneにメモをする

となるといつも肌身離さず持っているiPhoneにメモをする機会が多くなります。最近は紙のメモよりも活躍する機会は断然多くなっています。

デフォルトのメモに書く

もともとiPhoneに入っている”メモ”はなかなか優秀です。普通に書くのはもちろん、音声入力や手書きも出来ます。

GoogleKeepにメモをする

最近はGoogleKeepにメモをすることも多いです。メモ全体を色分けできること、使い終わったものはアーカイブして画面上から消すことが可能です。Gmailのメモ版といったかんじですね。

Textwellに書く

テキストエディタアプリ、Textwellに書くこともあります。豊富なアクションと連携が魅力のこのアプリ。書いたメモがヒストリーとして次々保存されていくのでメモを失う心配もありません。ブログの下書きをすることもあります。

Evernoteに保存する

普段はWebクリップを保存することも多いEvernote。入力方法も多彩ですが、メモした内容を管理するのが大変です。

空を飛ぶ鳥

メモの一元化が課題

上記のような方法を取っていると、どこに何のメモを入れたのかわからなくなります。本来の目的でいえば、すぐに必要なものを取り出せないと意味がありません。

現状ではどの方法で一元化するか決めかねている状況です。

紙のメモは補助的な立場にするとして、iPhoneを使ったメモはどのアプリに入れるか悩みどころです。

いまはGoogleKeepを使うことが多いですが、一本化はできていません。

iPhoneのメモはフォルダを作ることができるので、それに保存するか・・・。Evernoteにブログネタのノートブックを作って、そこに集約するか。

うーん、優柔不断ですね。

まとめ

思いついたアイデアをどこに保存するかについて考えてみました。いまの状況だといろいろなツールを使って、最終的に集約されていきそうな状況です。

いい記事を書くには、たくさんのアイデアが必要です。

どこにメモするかについてはこれからも考えていくことになりそうですね。

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

ノマド