ブログが自分には合っていると思う。

文房具 考えたこと

ブログでもなんでも自分の表現をするのは素晴らしい。そういう作品をたくさん楽しみたいと思う。

やっぱりブログは楽しい。

ほかの媒体に書くより圧倒的に自分に合っている。

人によって好きなことは違うからその人に合う表現は違うと思う。

ぼくの場合はブログが合っていたということ。

イラストを描く人もいれば、小説を書く人もいれば、陶芸の人だっているだろう。

自分の好きなことをすればいい。

人のことを傷つけることを書かなければ事実上何を書いてもいい。

質の高い記事を書いた方がいいっていうのも、もっともだ。

でも質の高い記事なんて書けないから自分の思うように書くしかない。

アクセスを伸ばすことを考えたら綿密にリサーチして、世の中の流れを読んで記事を書くのがいいと思う。

ぼくの場合はそんなすごい記事は書けないので毎日書くほうが楽。そして楽しい。

ライターの人は書く文章もうまいし、発想もすごい。逆立ちしてもかなわない。

こんなブログでも読んでくれている人がいる。

その人がたった一人でもその人のために記事を書きたいと思う。

この楽しさは何ものにも変えがたい。

来年は何記事書くことができるだろうか。

楽しんでいきましょう。