江戸時代の備後は福山藩だけではなかった!

歴史

江戸時代の備後国は福山藩以外にも藩や幕領がありました。

江戸時代の備後

福山市は広島県第二の市です。

江戸時代にも福山藩があり、備後といえば福山藩というイメージもあります。

でも、実は大ざっぱに備後の半分は広島藩浅野氏が治め、三次には一時支藩である三次藩が置かれていました。

三原は広島藩の家老が治めていました。

福山城天守閣の駅から見た様子

元々は今の広島県(安芸と備後)を福島正則が治めていましたが、改易され広島には浅野氏が入ります。

福島氏改易後の備後に入ったのが水野勝成。勝成は福山城を作り、福山の基礎を築きました。

福山藩は水野氏 -松平氏 -阿部氏と藩主が変わっています。

水野氏が改易されたときに石高増加分があったのでこれは幕府領に吸収されました。

(福山藩は10万石、一説によると水野氏改易時点で15万石あったとも)

そして一部豊後(大分県)中津藩奥平家の飛び地も備後にありました。

特に譜代藩は転封があり幕領が調整のために使われたので、豊後だけで足りない分を備後の幕領でまかなったのではないかと思います。

江戸時代の半ばから明治まで福山藩を治めた阿部家は歴史ある譜代で代々幕府の重職をつとめたので領地に帰る機会はそれほどありませんでした。

備後は明治になっても一時小田県にされたりもします。(最終的には広島県に戻る)

広島藩のように一国以上を治めている大名を国持大名といいます。

国持大名とまではいかなくてもある程度の範囲をおさめている国と、小さい藩や幕領が混在した国ではそこに住む人の意識も自然と変わってくるのではないかと思っています。

例えば山口県は現在の県を丸ごと萩藩、鹿児島県は薩摩藩が治めていたので小規模藩が多い土地とは文化的にも違う部分はあると思います。

まとめ

広島市と福山市の文化的な違いは県民の話題になったりしますが、当時の状況が現在にまで影響を与えているのかもしれませんね。

江戸時代の土地同士のつながりだったり、現在まで影響を与えている文化などは調べてみたいテーマですね。

「藩」の範囲が「意識」の範囲説。 | つぶログ書店