寝転がりながらKindle端末で本を読むのは最高だから、みんなやるといいと思うよ。

Kindle-Paperwhite.jpg 本・読書に関すること

寝転がりながらKindleを読んでいたら、これっていいものではないかと気づきました。使い分けるという視点からもおすすめしたいと思います。

寝転がりながらKindleを読むのがいい!

今日本を読んでいたんですよ、寝転びながら。

紙の本を読んでいたのではなくて、Kindle Paperwhiteで電子書籍を読んでいました。

1時間ぐらい読んでいたのですが、ふと

つぶあん
あれ?これって快適じゃない?

と気づきました。

自宅は紙の本、出先ではKindleという使い分けをしている私ですが、紙の本は寝転びながら読みにくい。

Kindle Paperwhiteは文庫本サイズで持ちやすいし、薄いのでどんな体勢にも適応できます。

Kindle Paperwhite

Paperwhiteは持ちやすい。手が大きいと片手でも持てる。

スマホでもいいといえば、いいのですが、ほとんどのスマホは当然ながらKindleよりも小さく見にくいという難点があります。

スマホとKindleのサイズ感の違い
それとスマホだと、ついついTwitterや、Twitterなどのアプリを開いてしまうことがあります。通知も来ますからね。

Twitterを開いてしまうという症状

スマホだとついついTwitterを開いてしまう、

あとスマホの小ささがゆえに、寝転ぶという体勢と相性が悪く、あちこち体の姿勢を探るという作業が発生してしまいます。

そして結局手が疲れてしまったり。

ゆえにKindle端末が攻守とも最高だと個人的に勝手に結論をつけました。

もちろんkoboとかほかの電子書籍端末でも同じです。

iPadでもいいんですが、通知の問題はありますね。Amazon Fireのサイズ感は結構いいと思います。

普通に座って読むのも楽しいのですが、寝転がりながらという、リラックス状態だと結構頭に残る気がします。

記憶に残すためには、何度も頭にすり込むことが大事ですから寝転がりながら、というスタイルは結構理にかなっているのかもしれません。

長編小説などKindleにいれておけば、寝たまま楽しむことができるので大変おすすめ。

寝たままコーヒーを飲んだりができないのは残念ですが、そこはがんばりを出して起きて座って飲みましょう。

休みの日のひとときを、Kindle片手にまったり過ごすというのもいいものです。

まとめ

難点は夜に寝転がりながら本を読んでいると、寝落ちしてしまう危険性があること。

気軽に読書を楽しむにはKindle端末は最高ですね。

固い本もこうすると意外と頭に入ってきやすいものです。

雑誌を読むように、ゲームをするように、読書を楽しみましょう。

現場からは以上です。