意外と知られていないけど大好きなビートルズの曲

ビートルズのジャケット Beatles 音楽

世界一有名なバンドであるビートルズにも意外と知られていない曲があります。

ビートルズに意外と知られていない曲がある?

ロック史上最高のバンドThe Beatles。

そんな彼らにも超有名な曲に比べれば地味な曲があります(あくまでビートルズ比で!)

ふつうのバンドなら代表曲になるレベルでもシングルB面、アルバムの中の一極だったりします。

今回は初期の大ヒット曲だけではなく、意外と知られていないけどいい曲を紹介します

You Can’t Do That

はじめて全曲をオリジナル曲で構成した「A Hard Day’s Night」の中の一曲。

実質的にジョン・レノンの曲で自信作でしたが、ポールが「Can’t Buy Me Love」を用意したことからB面に回りました。

Taxman

名盤「Revolver」の冒頭を飾るジョージ・ハリスンの名曲。

けだるく始まり、序盤からポールのベースが存在感ありありで登場します。

内容はイギリスの高い税率を批判したものです。

このあたりからジョージの才能が本格開花していきます。

▲この動画も最高です。

Rain

「ペイパーバック・ライター」のB面曲。

リンゴ自身がビートルズ時代のベストプレイにあげています。

テープの逆回転やプロモーションビデオも印象的です。

ビートルズUKシングル盤特集⑤ 1965-1966 – shiotch7 の 明日なき暴走

Hey Bulldog

映画「イエロー・サブマリン」のために作られた一曲。

ストレートなロックンロールで頭の中のフレーズで作られた即興性の高い曲。

いい曲なのにシングルでは発売されず。

Dear Prudence

ビートルズ初の2枚組アルバムの2曲めに収録されている曲。

インドへ瞑想修行に出かけた際に発想されたもので、ドラムはポールが演奏しています。

個人的には昨年発売された50周年の新ミックスでより一層好きになった曲です。

まとめ

今回はビートルズの意外と知られていない曲ということで、テレビなどでビートルズが紹介されるときにあまり取り上げられない曲を記事にしてみました。

大ヒット曲、シングル曲もいいですが、有名でなくてもいい曲が数え切れないくらいあるのがビートルズのすごいところです。

ぜひ、大好きな曲を探してみてください。