いつかは手に入れたいビートルズのラウドカット盤

ビートルズ「with the Beatles」 loud cut アナログレコード

ビートルズのラウドカット盤をいつかきいてみたいな、と思っています。

ラウドカット盤を手に入れてみたい

ビートルズのレコードには通称「ラウドカット」と呼ばれるものがあります。

有名なのは「ラバーソウル」ですが、通常よりも音圧が高くカッティングされておりレコードの針飛びが発生する可能性があることから回収されたというもの。

「ラウド」という名の通りモノラル盤で迫力があることから高値で取引されています。

先日「ラバーソウル」のオリジナルマスターテープを使用したリイシュー盤を手に入れましたが、これよりもすごいのだろうかと思うとかなり「ラウドカット盤」が欲しくなってきました。

ビートルズは一番好きなアーティストなのですこしでもいい音、ビートルズ自身が認めた音に近い音で聴きたいという思いがあります。

しがないアナログレコード好きなので、高額のレコードは買うことができずいつか聴いてみたいなと思っています。

2009年のリマスターモノボックスや先ほど書いたアナログマスターテープを使用したリマスター盤は結構いい線いっているらしいのですが、当時の「音」や雰囲気も感じたいんですよね〜。

先日奈良にあるビートルズのアナログレコード専門店、B-SELSに行ってきました。

そのときに「With The Beatles」のラウドカット盤を中心にいろいろ聴かせていただいて、その迫力に驚いたことも今回の記事を書くきっかけになっています。

まとめ

ラウドカット盤を手に入れることはコレクター、ファンとしてのひとつの目標でもあります。

聴いたときに自分がどういう感想を持つのか楽しみですね。

ただ財布と相談しながら末永くコレクター道を歩んでいきたいと思っています。