『腰痛を治すからだの使い方』がすごいいい本だった!【伊藤和磨】

腰痛を治すからだの使い方 Backache 書評

腰痛に“効く”本

先日図書館でたまたま手に取り借りてきた本がすごくいい本でした。

それが伊藤和磨さんの『腰痛を治すからだの使い方』です。

created by Rinker
¥100 (2019/12/13 03:20:35時点 Amazon調べ-詳細)

本当にたまたま手にとって、イラストが多くてわかりやすそうだと思って借りたのですが、すごくいい本で最近のヒットでした!

腰痛を治すからだの使い方 | 伊藤 和磨 |本 | 通販 | Amazon

仕組みから痛みを改善する方法までわかりやすい!

実はここのところ、強い痛みはないものの腰に違和感があったんです。

ちょっと無理をしたときに腰に「ピキッ」と来る感覚があり「ひょっとしてぎっくり腰が来るかも?」と思っていました。

この本に書いてある上体そらし、あごを引くこと、腰への負担を逃がす姿勢を意識することですこしずつ違和感がなくなってきました。

この本で紹介されている“出っ尻”の姿勢を意識することで床から重いものを持つときも少し楽になったような気がします。

出っ尻ポーズが大切!

ちょうど表紙で右の男性のイラストで書かれているポーズですね。

腰や筋肉などの解説もちゃんと書いてあるので、基礎知識もきちんと身につきます。

思えば、仕事でも家でもパソコンやスマホでずっと前かがみになっていたし、姿勢についてもきちんと考えたことはありませんでした。

この本はイラストがコミカルで、かつわかりやすいのがいいですね。

まとめ

この本によって腰痛が楽になってきましたが、偏った体の使い方が修正されて楽になった段階です。

本で紹介されているトレーニングなどを取り入れながら腰痛の改善に取り組んでいきます。

新品はないみたいですが、中古で購入してもいいかなと思う良書でした!

筋肉は裏切らない!『みんなで筋肉体操』を買って筋トレしよう! | つぶログ書店

今回紹介した本

created by Rinker
¥100 (2019/12/13 03:20:35時点 Amazon調べ-詳細)