目の解像度を高めると文章を書くのが楽しくなる!

街

ブログを書くようになってから、ブログネタについて気にすることが多くなりました。今までも日々の生活で疑問に思うことはありましたが、ブログの存在によって、書くというプロセスが加わったわけです。書くためにはネタのストックが必要ということで、今回は情報について考えてみました。

アンテナを張ること

いま山口拓朗さんの『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』という本を読んでいます。

この本はいわゆる文章術の本です。

非常に素晴らしい本なのでまた別に書評を書きたいと思いますが、この本の冒頭にアンテナを張ることの重要性が出てきます。

アンテナを張って情報を集めると文章のネタが集まってくるというものです。

これ前に読んだイケダハヤトさんの『武器としての書く技術』にも共通するような記述がありました。

目の解像度を高める

それは目の解像度を高めるという点です。

あらゆる体験はネタになります。が、それをネタとして抽出できるかどうかは、あなたの目の「解像度」の高さにかかっています。

情熱があれば、解像度は高まります。情熱のある人は、普通の人が見落としてしまうようなことから、大量の情報を見いだすことができます。そのため、テーマに情熱を持っているとネタ切れは起こりにくくなります。

文章を大量に書いている人も、苦手な人も見ている風景は大きくは違わないでしょう。

そこにどういう価値を見出すかが、山口さんのいうアンテナ、イケダさんのいう目の解像度なんだと思います。

これまで気づかなかったものに価値を見出すこと

こういう思考でいると、これまで見過ごしがちだったものに価値が出てきます。

周りはネタに溢れているということですね。日常のささいなことから情報を切り出すことができれば、事実上ネタ切れはありません。

これまで気づかなかったものに価値を見出すと、自然と情報収集力が高まってブログを書くのにも役に立ちそうです。

まとめ

今回は目の解像度について書いてみました。

目の解像度を高めると、これまで見えていなかったものがクリアに見えるようになります。

新たな視点が開けるということでブログを書くのにも役に立つでしょう。ネタを取りこぼさないためにもメモは必須ですね。

いまはWorkFlowyを使っています。

目の解像度を高めると、文章を書くのが楽しくなりそうです。

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

街