外でブログを書くことで刺激を受けることができる!

ワーキングスペース

普段と違う場所でブログを書くことで新しい刺激を受け、いい記事を書ける気がします。運動による効果も大きいと思います。

外出することで新しいブログネタが生まれる

これまでどちらかというと自分の家でブログを書くことが多かったです。

それはそれでもちろんいいのですが、最近ブログ会を企画していてその準備のためにいろいろ出先で作業をするようになって、出先でブログを書くということの効果に気がつきました。

ブログはどこでも書けるので、家で書いてももちろん大丈夫です。

外出した先で書くことでさまざまな効果があることがわかってきたので、記事にしてみました。

外はネタにあふれている

このブログは雑記ブログです。

雑記ブログとはなにかというと、ひとつのテーマにしぼって運営しているブログではなく、自分が気になったことをなんでも書いていくタイプのブログだということです。

こういうブログを運営していると何でもネタになります。

外出先でよったカフェや作業をしたコワーキングスペース、移動中のTipsなど。

規則正しく、秩序のある生活を送ろう——作品の中で凶暴性と独創性を発揮できるように(ギュスターヴ・フロベール)

普段の作業環境のなかでいいものを生み出していく努力はもちろん必要です。

異なる環境に身を置くことで、新しい刺激を受け面白い記事を書くことができるようになると思います。

体を動かすことで新しい刺激を受けることができる

外出先でブログを書くということは、目的の場所まで移動することです。

ぼくの場合、電車で移動することが多いので、その間立っていたり、歩くことになります。

これがいい!と思うのです。

家でブログを書いているとどうしても、部屋にこもる形になって運動不足になってしまします。

これは感覚的なものですが、じっと座って作業しているよりも体を動かしたほうがいい記事を書ける気がします。

これにはきっと体を動かすことで運動不足が解消され、体内の循環がよくなり、いい効果が出ているのだと思います。

いくつかのブログでも運動中にブログネタをよく思いつくと読んだことがあります。

ダイエットに取り組むと宣言してからも運動がなかなかできていなかったので、外出によって強制的に体を動かすことで、刺激を受け記事を書くことができるのではないかと思います。

なりたい自分をイメージする場所で記事を書くことで、理想に近づく

この記事は尾道のシェアオフィスONOMICHI SHAREで書いています。

ここには仕事をしているひともいて、かつ静かで集中できます。

自分の好きな場所、理想の自分がいたい場所で作業することですこしずつその理想に近づくことができるのではないかと思います。

強制的に自分をアップデートするというか、なりたい自分をイメージする場所で作業をすることでイメージに段々近づいてく感じです。

リラックスできる場所で作業をするということはもちろん大事ですが、たまにはオシャレなカフェなどで作業をすると新たな刺激を受けて効率が上がるかもしれません。

まとめ

今回は外出先でブログを書くことについて記事にしてみました。

知らない街、場所に行くと、ブログネタがたくさんあって、ビンビン刺激を受けているのがわかります。

インプットというと読書などがイメージされますが、出かけて新しい場所に飛び込むこともインプットなのかもしれません。

そういう意味で旅行は最高のインプットかもしれません。

高知旅行に行ったときはたくさんの刺激を受けていい記事を書くことができました。

自分のリラックスできる場所と刺激を受ける場所をうまく使い分けて今後も記事を書いていきたいと思います。

おすすめの本

photo credit: sektorfuenf Open space @sektorfuenf via photopin (license)

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

ワーキングスペース