外出先でも安心!iPhoneを急速充電できるおすすめの充電器!

Anker PowerPort Atom PD 1 ガジェット

モバイルバッテリーなどで高い信頼を誇るアンカーからiPhoneを急速充電器できるUSB充電器が発売されています。

iPhoneユーザーに強い味方が現れる!

メモに、SNSに、読書にともはやiPhoneなしの生活は考えられないつぶあんです。

そのためにバッテリーのことを考えないといけないのですが、今回いい製品を見つけました。

それがAnkerの「PowerPort Atom PD 1」という急速充電器です。

Anker PowerPort Atom PD 1 | USB-C PD対応 急速充電器の製品情報 | アンカー公式オンラインストア

▲この製品を知ったのはこの動画を見てからです。

通常のLightningケーブルで充電するよりも早く充電できる素晴らしい製品です。

急速充電対応なのですごく便利!

Anker PowerPort Atom PD 1

▲こちらがUSB端子側。すごく小型でデザインもいいですね。

USB-CなのでiPhone X以降のiPhoneなら急速充電が可能です。

通常のUSBよりも多い充電ができるので結果的にかなりの高速充電が実現しています。

空の状態から50パーセントまで30分ほどとのこと。

Anker PowerPort Atom PD 1

▲コンセント側はこちら。

コンセントは収納できません。新しい半導体を採用しているため本体内に収納するスペース自体がないようです。

新素材GaN (窒化ガリウム)採用
これまで使用していたシリコン半導体に代わり次世代パワー半導体素材「GaN」素材を世界に先駆けてUSB急速充電器に採用

コンパクトで使いやすい

大容量のモバイルバッテリーもいいのですが、当然ながら結構重量があります。

この充電器を使えば30分ほどでiPhoneを半分まで充電できるので、安心感がかなりあります。

チャムスのポーチ

▲コンパクトなので愛用しているチャムスのポーチに入れても邪魔になりません。

先ほど書いたようにコンセント部分が収納できないためポーチに入れるのがおすすめ。

Lightningケーブル Anker

▲使っているのはApple純正のLightningケーブルーUSB-Cケーブルです。

最近までLightning – USB-CはApple純正しかラインナップがありませんでしたが、ほかのラインナップも増えました。

充電してみたところ

実際に充電してみました。

充電

15:39から充電して、

充電の経過

▲30分ほどでここまで充電できました。

iPhone本体は少し熱くなるものの、充電器自体は本当にほんのり温かみがあるくらいで問題なし。

これはいいですね。

まとめ

今回紹介した充電器はUSB-CとLightningがひとつになったLightningケーブルでないと充電することができません。

そこさえ気をつければ外出時の荷物が減りますね。旅行などにも良さそう!

今回紹介したUSB急速充電器