アナログとデジタルのいい所とは

音楽

レコードにハマってから、アナログな音の良さを見直しています。

また、デジタルにも興味があり、将来的にはハイレゾなどにも挑戦したいです

アナログとデジタル、どちらがいいか

先日、奈良にあるビートルズレコードの専門店、B-SELSに行ってきました。

いい音のレコードをたくさん聴かせていただき、とても素晴らしい1日でしたが、ひとつのことに気づきました。

帰る途中にBluetoothイヤホン(AirPods)でビートルズを聴いてみたところ、悪い音ではないんですが、広がりというか響きがB-SELSで聴いたレコードの音とは段違いだっだのです。

条件も違い、ハイレゾなどでもないですが、これがレコードの魅力かと発見することができました。

もちろん部屋で鳴らすスピーカーとイヤホンではまったく条件が違うので単純な比較にはなりません。

ただ、それを差し引いても広がりや表現力、迫力などレコードには“音楽を聴く喜び”があふれていました。

設備以上の差がある

これはスピーカーなどの設備面での差もありますが、iPhoneに入っていた圧縮音源とそれとは比較にならないくらいマスターに近いレコードというメディアの差であるとも言えます。

最近はハイレゾやBlue-rayオーディオもあり、それらに興味はありつつもアナログレコードを聴き始めたばかりということもあってまだ導入していません。

B-SELSの店長さんも「CDは前で鳴っている感じがする」と言われていました。

たしかにオーディオ周辺で鳴っている感じがあります。

高音質音源にも挑戦したい

近い内にビートルズのハイレゾにも挑戦してみたいという気持ちはあります。

ハイレゾなど高音質盤はダウンロード販売のほか、先ほど書いたBlu-rayオーディオなどパッケージメディアでの販売もあります。

すでに「サージェントペパーズ…」、「ホワイトアルバム」のスーパーデラックスエディションにはBlu-rayオーディオが組み込まれています。

現状iPhoneはハイレゾには対応しておらず、聴くためにはアンプなどの機器を間に挟む必要があります。

またイヤホンなどもハイレゾ対応でなければいけません。

高音質音源にはデータ自体の大きさという問題もあります。

まとめ

MP3などのファイルも気軽に聴けるという面ではレコードに勝ります。

外で気軽に楽しむ場面、自宅でじっくり聞く場面、それぞれで音楽の楽しみ方が変わります。

現代に生きる私たちは音楽を楽しむための手段をたくさん持っていてとても恵まれていると思います。