ビートルズの名盤「Abbey Road」プロユース盤を落札!

アビーロード プロユース アナログレコード

高音質で知られる「Abbey Road」のプロユース盤をヤフオクで落札しました。

Abbey Roadプロユースを落札

一般に日本盤のレコードの音質は本国盤(たとえばイギリス)に比べて不利だと言われています。

それは技術的な問題もさることながら、本国盤のマスターテープのコピーからレコードが制作されるためです。

テープはふつうコピーするごとに音質が劣化します。

日本に来るのはテープのジェネレーション(世代)を経たものが来るのが原因みたいです。

今回紹介するのはビートルズ事実上最後のアルバム「Abbey Road」のプロユース盤。

プロユース盤とは東芝が高音質を目指して発売していたシリーズで、音の良さから高値で取引されています。

先日奈良にあるビートルズのアナログレコード専門店B-SELSでプロユース盤の極美盤を視聴させてもらいましたが、すごくいい音だと感じました。

それが今回、ヤフオクを見ていたところ、割と状態のいい盤が安く出ていたので入札してみたところ、見事落札。

アビーロード プロユース pro use

念願のプロユース盤を買うことができました。

まとめ

この「Abbey Road」のプロユース盤は新たにトラックダウンし直したテープをハーフスピードカッティングしたものと説明されているものとか。

届いて見て自分のオーディオでどういう風に聴こえるのか本当に楽しみです。

久しぶりに嬉しい収穫になりました。

レコードが届いて聴いてみました!

▲届いたレコードを早速聴いてみました。