アビーロード50周年記念盤!どれを買うかファンは悩ましい?

abbey road プロユース盤 音楽

ビートルズの名盤「アビーロード」の50周年記念盤の発売がアナウンスされました。

2019年新ミックスと新音源で非常に楽しみです。

「アビーロード」から50年

ビートルズの名盤「アビーロード」の50周年記念盤の発売がアナウンスされました。

8月9日は超有名なジャケット撮影から50年というニュースも各メディアで流れていましたね。

ちなみにアビーロードはビートルズ以外にもピンク・フロイドなどのアーティストも利用しています。

ついにアビーロードにもスーパーデラックス!

今回の目玉はなんといっても未発表曲てんこ盛りのスーパーデラックス盤でしょうね。

▲「Something」のデモ音源。

そして本編自体も「サージェント・ペパーズ」「ホワイトアルバム」の流れを組むジャイルズ・マーティンによる「2019年ニューステレオミックス」です。

▲「Something」のリミックス音源です。

「ビートルズで新ミックスを作っちゃうの?」と当初は懐疑的に見られましたが、オリジナルを尊重しながらも現代風のミックスになっていて好評を博しました。

ぼくも「ホワイトアルバム」は本編だけのアナログ、そして「サージェント・ペパーズ」はアナログと激安だったデラックス盤を持っていますが、素晴らしい仕上がりでした。

アビイ・ロード (50周年記念スーパー・デラックス・エディション) [3CD + 1ブルーレイ(音源のみ)収録、豪華本付ボックス・セット][輸入国内盤仕様/完全生産盤] [SHM-CD][CD][+Blu-ray Audio] – ザ・ビートルズ – UNIVERSAL MUSIC JAPAN

ぼくも悩んでいますが、う〜ん。本編のみにするか、デラックスか。

最近デモやアウトテイクはそこまで聴かないことに気づいたのですが、今回はちょっと気になります。

まとめ

ファンにとってはこれからどのエディションを買うか頭を悩ませる日々が始まりそうですね。

最近のビートルズリミックスシリーズは出来がいいので本編の仕上がりには期待が持てそうです。