2017年の手帳がいまだ決まらず!

考える

来年の手帳をどうするかという悩ましい問題。まだ決まっていません。

ほぼ日手帳をお休みすることに

以前、ほぼ日手帳を1年お休みするという記事を書きました。

ほぼ日手帳を1年休んでみようということ

2016.11.07

詳しくは記事に書きましたが、Evernoteで日記を書くようになってからカズン(一番大きいサイズ)を持て余していたのも事実です。(現在は日記はWorkFlowyで書いています。)

ほぼ日手帳は本当に好きで、しかも高機能です。

1日1ページというところがクローズアップされがちですが、もちろん月間ページがありつつ、週間ページもあり予定を管理するには最高でした。

しかし、その書くページが重荷になったのもまた確かなのです。

ここで1年間を空けてみることにしました。

2017年の手帳決まらず

ほぼ日手帳をあきらめてからは薄型の手帳を探しました。

一時は7つの週間のフランクリンプランナーも検討しましたが、ほぼ日手帳と同じ理由から断念しました。

探している条件としては月間ページがあることのみですね。

仕事的にカレンダーで予定が管理できるということ。長期の出張などもないことが理由です。

月間ページさえあれば十分なんですね。

これまでAmazonでいろいろ探しましたが、決め手になるものは見つからず。

タスク管理を復活させたい

2017年はタスク管理を復活させたいと思っています。

最近はタスク管理することもなく、モレスキンに必要なことを書いている状況でした。

タスク管理をしたいのは自分が先送り癖があるのでそれを矯正したいと思ったからです。

検討しているのはToodledo、Todoist、あとはたすくまですかね。

タスク管理を本格的に再開することになると出先ではほぼiPhoneで管理することになります。

これも手帳を買えた理由ですね。

Toodledoはタスク管理やライフハックを知ったときに使っていたので懐かしいという思いもあります。

手帳で仕事とプライベートを同期させたい

こうなっていくると手帳に期待するのはプライベートと仕事の予定の同期ですね。

仕事の勤務予定などを管理して参照できるようにしていると便利ではないかと考えたわけです。

iPhoneを見ればいいという考えもありますが、仕事中はiPhoneが触れないという事情があるので紙の手帳がほしいところです。

勤務を交代するときにプライベートの予定を確認したいのである程度書く欄が広いほうがいいと思っています。

うーん、悩む。

近いうちにLOFTに手帳を探しに行きたいと思っています。

まとめ

手帳が決まらないということをつらつらと書いてきました。

最近はiPhoneの進化もあり、ほぼiPhoneで事足りるのですが、仕事中には見れないのが残念です。

なんとかベストの方法を探したいと思います。

参考になる本

photo credit: Paul of Congleton 31st of July 2016 via photopin (license)

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

考える