最近読んでいる歴史の本

書評

ぼくは歴史の本を読むのが、好きで暇さえあれば本を読んでいます。

最近関心のある分野の本を紹介します。

いま読んでいる歴史系の本

いま読んでいる歴史についての本を紹介します。

最近はちょうどぼくの関心のある時代、分野の新書などが出版されていることもあり、楽しみながら本を読んでいます。

亀田俊和『観応の擾乱』

まずは亀田俊和さんの『観応の擾乱』です。

ここ数年はずっと人気があった戦国時代だけではなく、室町時代初期にも注目が集まっている気がします。

この本もその1冊。

足利尊氏と、その弟直義の対立にはじまる全国規模の内乱です。

この時代はただでさえ複雑な時代なのに、朝廷も南朝と北朝があります。

この本では読みやすい文章で、観応の擾乱について知ることができます。

もちろん内乱自体は複雑になんですが、いま途中ですが面白く読めています。

小林道彦『近代日本と軍部』

もう1冊は小林道彦さんの『近代日本と軍部』です。

日本がなぜ戦争に進んでいったのかを考えるときに、「軍」とはなにかを考えざるを得ません。

戦前の政治は複雑で、それとは別の軸として「軍」があります。

この本では、明治維新のあとどのようにして近代軍が成立して、国家とどのように関わっていったかを知ることができます。

まとめ

後世に生きる人間は、歴史上の出来事の成り行きを知っています。

しかし、当然ながら当時の人は結果を知らず、懸命に生き残るための判断をしていました。

多くの選択肢の中からどのように歴史が流れていくか知ることは、すごく知的好奇心を刺激される営みだと思います。

今回紹介した本